心地良さの選択・・心がけていますか? どうせ・・こんなものだろうとあきらめていませんか?


adler-947819__180

どうせこんなものだろう・・・のあきらめが幸せを遠ざける

 

こんにちは!Hiromiです。

私が心に触れるお仕事を長いことさせていただいていて感じること。

 

それは

どこかで自分の「現状」をあきらめてしまっている人がとても多いということです。

 

口では

「幸せになりたいです!」

「心地よい環境で生きたいのです!」と言っているのに・・・

 

その一方で、心の奥深いところでは

「どうせ無理だよね・・だって今までもそうだったもの」とあきらめてしまっています。

 

口で発する言葉と心底思っていることに「ギャップがある」人たちがたくさんいるのです。

(私は心に触れるお仕事をしているので、話を聞く時には、心底思っている言葉の方に意識を向けています)

 

 

「今までもそうだったから・・これからもそうなる」

「今まで幸せではなかったから、これからも感じられないだろう・・」

 

はっきり言って

世の中、こうした定義はどこにも存在しないわけで(笑)

 

 

むしろこうした「勘違いの強い思い込み」が、

未来に起きる素晴らしい出来事を無意識に止めてしまっています。

 

 

mercedes-1229233__180

 

これを解説するとこんな状態♡

 

「私、幸せになりたいのー!!」「心地よい環境で生きるのー!!」アクセルを右足で踏んでいるのに

 

なぜか同時に

 

「私は幸せになんてなれるはずないわー!だって今までもそうだったものー!!」思いっきり左足でブレーキを踏んでいる(笑)

 

 

客観的に見ると・・わかりますよね?

まったく動いていないのです。

その上、アクセルとブレーキで変な衝撃(揺れ)が走っていて気持ち悪い(笑)

 

 

それなのに、この状態を続けているのはどうしてかわかりますか?

それは

「現状維持」という大きな安心感があなたを支えてくれているからです。

 

 

woman-1197232__180

 

心地良さや幸せを選択するには、現状維持を捨ててみることから始まる

 

・現状維持(今の状態)は嫌・・

・自分の人生を変えたい・・

そう言いながら、現状維持の甘いささやきである「安心感」にぬくぬくっとしてしまい(笑)
抜け出ることができない人がとても多いのです。

 

な〜んて書いている私も、人生がなんだか低迷?!しているな〜と感じている時を振り返ると

このパターンを見事に踏んでいたことに気づいたのです(汗)

 

「もっと心地良い環境に行きたい!でも、今より悪くなったら嫌。だからここに留まっておいた方がまだ安心」

まだ安心・・(笑)自分でも笑ってしまうくらいメリットが盛りだくさんでしたね。

 

 

結局のところ、すべて今ある環境も人間関係も自分で「選んでいる」わけです。

ここに気付かないと自発的に変えてゆくことができません。

 

多くの自己啓発ジプシー、スピリチュアルジプシーの人たちは、

この現状維持をキープしながら、新たな「幸せ」や「心地良さ」を得ようとしています。

 

気持ちはわかりますが・・そんなにオイシイ話はないのです。

本当に

今の「現状」を抜け出して、「心地よさ」や「幸せ」を選ぶのならば

この「現状維持」の状態を捨てることなのです。

 

 

bike-path-189174__180

 

心地良さは、勇気の先にある

 

こうして現状維持を捨てるということは、今までの人間関係や環境を捨ててゆくことにもなります。

 

具体的には、今の人間関係を維持するために、

やり続けている「やりたくない」と感じていることをやめること。

 

嫌われて嫌な思いをしたくないから・・・

仕事関係の人だから・・・と我慢をして留まっているその環境やコミュニティ、人から離れる勇気を持つことです。

 

あと気づきにくいのですが・・こんな言葉を頻繁に発している人間関係やコミュニティも要注意です。

「私たち、仲間だよね。友達だよね。」

「わかる人だけがここには集まっている」

「1人じゃわからないことがある」

 

こうして

上手に無意識下で「コントロール」をしてくる人たちともいち早く離れることが大切。

 

こうして1つ1つそぎ落としてゆくことで手に入れることができるのは

誰かが決めたものではない

あなた基準の「心地よさ」

それがしいてはあなたの「幸せ」に繋がるのです。

 

あなたの心地良さを見つけるための方法を知りたいと思う人は

「まるごと私を愛するレッスン♡」こちらにそのレシピがぎっしり詰まっています!

さぁ、勇気を出してできるところからスタートしてみてください!

 

今日もお読みいただきありがとうございます。

心からの愛と感謝をこめて⭐︎

Hiromi