その愛は不安から?信頼から?このベースの違いが及ぼす絶大な効力とは?


wedding-1222229__180-2

 

男性特有の思い込みと女性特有の思い込み

 

よくちまたで言われている、男性脳と女性脳の違い。

悩みがある時に、男性に相談をすると・・多くの男性は「それならば、こうすればいいよ」と端的に「結論」だけを話して終わらせようとする傾向があります。

これ、女性としては心にもやがかかる答え方ですよね(笑)

 

「そうじゃなくて!!!」

大抵の女性は出来事の「解決方法」を知りたいのではなく、実は出来事の話をただ「聞いてほしい」そう思っている場合が多いのです。

 

つまりこのケースですと

「私は、結果なんて聞いてないのよ!話を聞いてほしいの!」

となります(笑)

 

このように、悩み1つとってみても、男性は結論を出して「解決」した事で「役に立ったぜ俺!」と思っているのに対して、女性は聞いてもらえない寂しさで腹が立つ(笑)

なんとも悲しいボタンの掛け違いが引き起こされるのが脳の違いです。

 

これ以外にも、私は、普段個人セッションで女性ばかりではなく、男性の悩みをお受けすることもあるので、男性側のいろいろな思いや考えを聞く機会があります。

 

その中で

面白いな~と感じることは、やはり男性特有の「思い込み」があり、女性ならではの「思い込み」があるということ。

 

きっと、このあたりの違いが理解できてくると(誤解が解けてくると)

今よりお互いが分かり合えるような気がしています。

 

mallard-pair-357794__180

 

愛情表現は「信頼」がベースか?「不安」がベースなのか?

 

もちろん、女性、男性というだけで、すべてくくれるものではありません。

ここ近年は、男性も女性的な要素が色濃い世代もあるので、逆もありえますよね(笑)

あくまでも参考程度に聞いてみてください。

 

例えば、私がよく相談を受けるのは愛情表現の違いです。

 

「積極的にわかりやすくアプローチしてほしい!」

「私だけを気にかけてほしい!」

このタイプの人は意外と女性に多いですよね。

 

こうしたタイプの場合には、相手があまりそっけないと

「私のこと好きじゃないのね!」

「私のことはどうでもいいのね!」

となります(笑)

 

その一方で、相手はこんな風に思っています。

「自由にしてあげたい!」

こちらは比較的男性に多い。

(あっ、最近は逆転している場合もありますが笑)

 

この場合には、相手はあなたに「好きにしていいよ」と思っているので、結構あっさりしています。このあっさり感が「火種」になることが多いのですが・・(笑)

 

前者の気にかけてほしいタイプだと、こうした「好きにしていいよ」という言葉は、突き放されたような寂しい感覚になりますよね。

それは

かまってもらうことが「愛」だと思いこんでいるからです。かまってもらえないと「不安」になってしまうのです。

 

ところが!

自由にさせてあげたいタイプの多くの人の潜在意識は「信頼」がベースになっています。

信頼しているからこそ、好きにしていいよと言えるのです。

見守れる強さを持っています。

「自由にしてあげたい!」そう思うタイプの人は

相手を自由にさせているところが「最大の愛情表現」なのです。

 

summerfield-336672__180

不安をベースに相手を見ているとすべてが信じられなくなってゆく

 

人は「信頼」がベースにない場合、ほぼ「不安」をベースにして相手を見ています。

不安をベースにしてしまうと、どうしてもわかる形(目に見える形)で愛を表現してもらえないと

それは愛ではなくなります(笑)

理由は、信頼は目に見えませんので、目に見える形や言葉がないと安心できないのです。

 

さらに、こうした人は自分だけを(だけをというところがポイント)気にかけてほしいので、相手を気にかけることにも時間を割くことは苦ではありません。(同じくらい気にかけてほしいと思っています笑)

 

でも、悲しいことに不安が強すぎて、この気にかけ方が紙一重で監視にすり替わってしまうのですww

いつも、最後は相手にとって重たくなって・・別れを切り出されてしまう人はこの傾向があるかもしれませんね。

 

結局、たどりつく先は人は誰も所有できないという事実です(笑)

それは夫婦でも、恋人でも家族であっても同じです。

不安から愛すると自分自身が1番苦しい思いをしますよね。

 

人は所有できないのですから・・(笑)ここは思いきって自分のために「信頼」をベースに生きる選択をしてみましょう!ずっと楽に楽しく生きられるようになるはずです。

 

今日もお読みいただきありがとうございます。

心からの愛と感謝をこめて☆

Hiromi