勘違いだらけの自己肯定感!自己肯定感ってなんだろう?!


こんにちは!Hiromiです。

先日、ある人が話している内容を聞いていると・・疑問が・・。

「ん?もしかすると意外と同じような勘違いをしている人がいるのかもしれない・・」そう思う出来事があったのでシェアしてみますね!

 

laughter-1369402__180

 

勘違いだらけの自己肯定感!自己肯定感が上がるとは?

 

それは、人が自分らしく輝いてゆく上で必須のアイテム

「自己肯定感」について。

 

その時の会話の中で、その人はこのようなことを言っていました。

「もっとあなた自己肯定感を高めた方がいいわよ」

すると、相手の人は「自己肯定感・・私、低いのよね。どうしたら良いのかな・・・」

 

それに対して、その人は、いかに自分が今まで「頑張って」様々なことができるようになり「自信」をつけてこれたのか・・語り始めました。

「私は、こんなに頑張ってあの人よりもできるようになったのよ。この経験は自信にもなったし、そのおかげで自己肯定感が上がったわ」

 

これを聞いて、思わず・・私は心の中で「おっと・・ちょっと待って!」と思ったのです(笑)

 

mtb-1169958__180

 

頑張る!その下にある「本当の気持ち」とは?

 

確かに、この人の言うように、頑張って・・努力して・・自信をつけることは素晴らしいこと。こうして、人はたくさんの知識や自信・生きる術を身につけてきていると思うのです。

 

これを書いている私も、ずっと以前は頑張ることがどこかで当たり前に思っていて、他人に見せない努力をすることも多かったと思います。

 

でもよくよく考えてみるとこれおかしいな・・とある時から違和感を感じ出したのです。

その理由は、頑張る!この気持ちの下には「できないから頑張らなきゃ」という思いや、

どこかで、できる自分を「褒められたい」「認められたい」こんな気持ちが隠れていることに気づいたから。

 

当時は、これは目の前にいる先生や上司、社会に評価されたいからだと勝手に勘違いしていたけれど、本当の評価を得たい相手は別にいました・・。

それは

「幼い頃の私という眼鏡」をかけて、そのレンズ越しに映し出されていたのは紛れもなく「両親」

そう、認められたかったのは両親だったのです。

 

 

laugh-1391102__180

 

自己肯定感は達成感や優越感とは似て非なるもの。

 

それが理解できてから、私はできないことを頑張るのではなく「やりたいことを楽しんでやる!」

自分のマインドをシフトさせるようにしてゆきます。すると・・

 

今まで、頑張ったり、努力して得た経験は、私にとって「自信」にもなり、宝にもなっている。それは間違いないけれど・・こうして得たものは、自己肯定感とはほど遠いものだと気づいたのです。

 

そう「自己肯定感」とはまるで違う。

似て非なるもの。

 

努力して、頑張って「できたー」という経験から得られるのは「優越感」「達成感」

それに対して

自己肯定感は頑張らない。努力しない。成長もいらない。だから疲れない(笑)

「できても」「できなくても」オールOK!!

これが自己肯定感。

 

自己肯定感ってそのまんま。

「まるごと」自分にOKを出すこと。

 

「まんまの自分を肯定する」

「できない自分を自分で許してゆく」

 

 

きっと、世の中には、できることを増やして自己肯定感を上げることに必死になっている人もたくさんいるはず。

本当は、できても、できなくても自分にOKが出せることが大切!

私は、こうしたちょっとした勘違い(わかっていそうでわかっていない部分)をひもといてゆきたい!

 

9月スタートの「まるごと私を愛するレッスン♡」

オールOKのあなたへ!

 

今日もお読みいただきありがとうございます。

心からの愛と感謝をこめて⭐︎

Hiromi