自然界の動物や植物がそうであり
幼い子供が純粋な愛で目を輝かせているのと同じように

私たちは、大人も含めて「無条件の愛」そのものの存在です。

ところが、成長する中で
社会や親からの制約を受け
大人になるにつれてたくさんの「思いこみ」を抱え込みます。

いつしか
子供の頃に、その胸に抱えていた
「わくわくする気持ち」や
「ただ純粋に愛する気持ち」が失われ

「愛されるためにはどうしたら良いのか」
「認められるためには何を言えば良いのか」

こうして頭で考えるようになり
ハートにある自分の本当の気持ちに嘘をつき始めます。

自分の心に嘘をつくことは、自分を裏切ること。
「存在そのもの」を自分で否定することと同じです。

「何かを得るために何かを与える」

今まで当たり前のように行われてきた
この「交換条件の愛」から

今まさに

私たちは「無条件の愛」に戻る時がきています。

自分を無条件に愛することができれば

他の人と比べて競うことも
価値を誰かに見いだしてもらいたいと
心のよりどころを求めてさまようこともなくなります。

次から次へと繰り広げられる
終わりのない自己啓発から卒業できるのです。

あなたの
最終地点は、無条件に自分を愛し
「心のよりどころを自分に戻す」ことなのです。

自然界の動物や植物がそうであり
幼い子供が純粋な愛で
目を輝かせているのと同じように

私たちは、大人も含めて
「無条件の愛」そのものの存在です。

ところが、成長する中で
社会や親からの制約を受け
大人になるにつれてたくさんの
「思いこみ」を抱え込みます。

いつしか
子供の頃に、その胸に抱えていた
「わくわくする気持ち」や
「ただ純粋に愛する気持ち」が失われ

「愛されるためにはどうしたら良いのか」
「認められるためには
何を言えば良いのか」

こうして頭で考えるようになり
ハートにある自分の本当の
気持ちに嘘をつき始めます。

自分の心に嘘をつくことは、
自分を裏切ること。
「存在そのもの」を
自分で否定することと同じです。

「何かを得るために何かを与える」

今まで当たり前のように行われてきた
この「交換条件の愛」から

今まさに

私たちは「無条件の愛」に
戻る時がきています。

自分を無条件に愛することができれば

他の人と比べて競うことも
価値を誰かに見いだしてもらいたいと
心のよりどころを求めて
さまようこともなくなります。

次から次へと繰り広げられる
終わりのない自己啓発から
卒業できるのです。

あなたの
最終地点は、無条件に自分を愛し
「心のよりどころを自分に戻す」
ことなのです。